水温で変わるメダカの餌の量

実は、どれ位の餌をメダカが食べるかという事は、大きく水温によって変わってくるのです。

メダカは、25~28度の水温で活発に活動をすると言われてます。

その為、この水温より暑過ぎても、詰めた過ぎてもダメなのです。何故なら、餌を食べた後の消化昨日が落ちてしますからなのです。

もし、冬場にヒーターをつけずに飼う場合には、餌の量を徐々に減らすようにしなければなりません。

また、餌を与えてから直ぐに寝させるという飼い方を行っている方がよくいますが、これは出来れば辞めた方が良いでしょう。

電気が消える=活動しなくなるという事に繋がるからです。

要するに、餌を寝る前に与えてしまうと動く機会がその後ありませんよね?

その為、消化をしっかりとする事が出来なくなり、結果的に消化不良を起こしてしまいます。

この様な飼い方を続けていると、体調が徐々に悪化してしまいますので注意しましょう。

そして、餌は与えれば良いというものでもありません。メダカが食べ切れない程、餌を大量に与える事も避けましょう。

ちなみに、メダカには胃袋がないのです。知っていましたか?

要するに、餌を食べ切れない程与え続ける事で、メダカは食べ過ぎの状態に常になっているのです。

そうなってしまう事で、メダカの肥満に繋がってしまい、大変不健康な状態になるのです。

ですから、少し足りないかな?と思う程度で逆に丁度良いのです。

3分間以内に食べ切れる量をタイマーで測って与え、1日2~3回与えるようにしましょう。

飼い方を注意するのも重要ですが、夏と冬は水温差がありますので、餌の量や回数にも気をつける必要があります。

例えば、水温が低い冬場は餌をメダカはあまり食べないにも関わらず、夏場と同量の餌をあげたとしても、食べ残しで水を汚す原因にもなります。

メダカがどの位の餌を食べるのか、見極めるように頑張りましょう。

▲ページトップに戻る