寒い冬をメダカと一緒に越すには?

メダカの飼い方として気になる季節はありませんか?

きっと、冬場の飼い方について悩んでいる方も多いでしょう。では、冬場の飼い方で注意する点を話させて頂きます。

まずは、外でメダカを飼う事は辞めた方が良いでしょう。地方によって異なりますが、もし氷が水面に張る様な状況であれば、メダカは冬を凌ぐ事が出来ない高い可能性があります。

特に、ペットショップで購入してきたメダカの場合には、寒い環境に慣れていない可能性があります。

また、仮に川から捕って来たメダカであっても、川は広いものですので氷が全面的に張るということは極稀だと思います。

その為、水槽が小さい場合にはとても凍りやすい為、室内に置くようにして下さい。ヒーターは、出来れば用意してあげた方が良いでしょう。

しかし、あまり昼と夜の温度差が無い様であれば、必ず用意しなければならない物ではありません。

基本は、室内でも昼と夜の温度差が、最も少ない場所に置くという事を、頭に入れておいて下さいね。

ちなみに理想的な場所は、やはり日光が当たる場所です。但し、例え日光が当たる場所であっても、人間が主に暮らしている部屋(リビング等)に置くと、暖房器具(ストーブ等)で部屋が温められてしまいます。

就寝後~朝方まで、特に冷え込みが厳しい時間帯に水温が下がるという状況になってしまうと、水温差が大きくなってしまいます。

その為、暖房器具等で影響を受けない場所に出来るだけ移動してあげると良いでしょう。

では、水温が下がってしまうとメダカはどの様な状況になるのでしょうか?

実は、餌の食べる量が減ってしまうのです。その為、もしもヒーターを使わない飼い方をし、更に低い水温になってしまう様な場所で冬をどうしても越さなければならない場合には、餌の量も調整する必要があるのです。

だいたいですが、10度以下の水温になってしまうと、メダカはほとんど動かなくなってしまいます。

その為、お腹も空かなくなってしまうので、ほんの少しの餌量で良くなるのです。

水温が上がる春になってら、餌を徐々に増やしてあげるようにしましょう。

スポンサーリンク

▲ページトップに戻る