稚魚を増やす為にタマゴを上手にとろう!

メダカを飼っている方の中で、稚魚を増やしたいと思っている方はいませんか?

もし思っているのであれば、繁殖用の飼い方について考える必要があります。

では、こちらで飼い方について、少し話させて頂きます。

先ず、基本的な飼い方としてですが、タマゴを♀が産んだらそのタマゴを取り、別環境へ隔離してあげることが先決です。

何故なら、そのまま同じ水槽内で孵化してしまうと、生まれたばかりの稚魚は小さいため、メダカに食べられてしまう恐れがあるのです。

また、♀が通常はタマゴを産む事は皆さんもご存知かと思います。そのタマゴは通常、しばらくの間♀のお腹にくっついているのです。

もし、この状態を放置しておくとどのようになるのでしょうか?

実は、お腹についているにも関わらず、他のメダカがその♀に寄ってきてしまい、タマゴを食べてしまうのです。

その為、お腹にタマゴの付いたメスを見つけたら、別容器(タマゴを入れる)に♀を網などですくい移して、タマゴを柔らかいはけ等でとるようにしましょう。

また、そのほかに水草にタマゴが付いている場合もあります。その場合も同様、別容器に水草ごとタマゴを移すようにしましょう。

更に、最も簡単だと思われる方法としては、お腹が膨らんだ♀を産卵用として販売されているケースに移す方法もあります。

これはペットショップで購入する事が出来ます。

四角い小さなケースの下にタマゴが落ちて行く為のスペースが予めあり、孵化した瞬間に他のメダカから隔離する事が出来る物もあります。

また、水草にタマゴを産み付ける事が多いメダカですので、水槽中には水草も一緒に入れてあげると良いでしょうね。

もし、タマゴを予め隔離するのが面倒だと思う方は、水槽環境を普段から考えてあげると良いでしょう。

産卵に適している環境というのは、生まれた稚魚が隠れるたくさんの場所がある事なのです。

その為、たくさん水草を入れてあげることは勿論ですが、親メダカが入れない様な小さめの隙間がある小石を敷いてあげるという方法も良いでしょうね。

▲ページトップに戻る