オス・メスを判別する方法

もし、メダカを繁殖させたいと思ったら、当たり前ですがオスとメスをつがいで飼わなければなりません。

しかし、メダカを何年も飼い続けている人でさえ、オスとメスの区別が未だに分からないという方も多いようです。

では、一番見分けやすいのはどの部分なのでしょうか?

それは、背びれです。性別を判断するためには、まずはメダカの背びれの形を見てみましょう。

オスであれば、小さいものなのですがせびれに切れ目が見られます。それに反して、メスは全ての背びれが綺麗にくっついている可能性が高いのです。

後、オスの方がメスに比べると尾びれが大きく、色も透明です。

ちなみに尾びれとは、尾びれの前側に付いている、お腹側の一番大きなひれの事を指します。

性別が区別つけば、次は飼い方です。基本的には、オスをメスよりも水槽に多く入れない事です。

例えば、水槽でメダカを3匹飼うつもりなら、メス2匹とオス1匹という割合にしましょう。

これは何故なのか?と言うと、メスの数が少ない事でオス同士が喧嘩をしてしまいます。

その事が切欠となり、メダカ自体を弱らせてしまうからなのです。

もし、自分で性別の区別が出来ないのであれば、手っ取り早い方法としてペットショップへ行く事です。

ペットショップでは、オス・メスが別で販売されている事もありますので、メダカをペットショップで購入する方法も有りかと思います。

また、川でメダカを捕ってきた場合には、たくさん捕ってきて『全部がメスだった』『オスだった』という事はほとんどありません。

しかし、捕ってきたメダカが少なければ、その様な状況になりかねません。その点は、考えなければなりませんね。

稚魚を増やそうを考えている場合には、オスとメスの数にも注意した方が良いでしょう。

その為、自分が飼っているメダカは、先ずオス・メスそれぞれ何匹いるのかを確認した方が良いでしょうね。

スポンサーリンク

▲ページトップに戻る